ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 旅本のススメ > 旅読本

旅読本

日本百名島の旅

「これまでに訪れた島の中で、一番いい島ってどこですか?」

日本中の島々を訪ね歩き、「島スペシャリスト」として名を馳せる写真家、加藤庸二さんはよく聞かれるという。個々人の好みにもよるし、島の個性も一概に比較できるものではないが、振り返って「一生に一度は行っておきたい」と思える島を考えてみたら、ちょうど100前後になったそうだ。

(13/08/13) »続きを読む

地球でデート!

「人生の中で『愛する人との自由な旅』に勝る幸せな時間はあまりない!」をコンセプトに作られたガイド本「地球でデート!」。世界中で楽しめるおすすめのデート旅を提案している。A―Worksが6月27日に発売した。

(11/08/18) »続きを読む

旅ごろ吟じごろ

歴史的な町並みや美しい自然風景を眺めると、その旅情感から、つい「一句」してしまう人も多いはず。同様に、古くから多くの文人たちも景勝地を訪れるたびに旅情を句や歌にしたためてきた。

(10/08/31) »続きを読む

ひとり旅ひとり酒

旅先でひとり、まちを歩いていると、ぼんやりと明かりの灯る一軒の居酒屋が。何気なく暖簾をくぐり、一杯の酒を飲む。そして、地元の酒や肴、無口な大将との無言の会話に旅情を感じる―。

(10/08/11) »続きを読む

神々と歩く出雲神話

藤岡大拙 著 NPO法人出雲学研究所 1260円

日本最古の書物「古事記」が2012年に編さん1300年を迎える。日本の国の成り立ちを記した古事記を現代にクローズアップしようと、奈良県や三重県、宮崎県、島根県など古事記にゆかりのある地域が連携し取り組もうとしている。

(10/08/11) »続きを読む

1  2

日刊トラベルニュース 新着記事

旅本 アーカイブ
がんばろう!日本
がんばろう!日本