ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > クローズアップ > 座談会

座談会

OATA魂は揺るがず 新三役が現状、未来を語る(4)

―最後にそれぞれの抱負を。

徳原 OATAで20数年理事として関わってきた。僕自身、OATAバカと言われるほどOATAが好きだ。自分の何を犠牲にしてもOATAのためにやってきたと自負している。

(15/05/07) »続きを読む

OATA魂は揺るがず 新三役が現状、未来を語る(3)

―奈良県旅行業協会では旅館と立ち寄り施設をセットにしたキャンペーンをやっている。

鈴木 OATAも連絡協議会でも旅館と観光券をセットにすればKBを出すといった同じようなことは実施している。ただこうした情報は支部会までは流れるが末端組合員まで浸透しないので、改善策を講じたい。末端組合員まで情報を伝わるようにしなければ、いくらいいプランをつくっても営業担当者、手配担当者に届かないと意味がない。今期はきちんと伝わる説明会を開いていきたい。あくまでも代売が主ではなく、連絡協議会の会員からの提案をベースにした商いをしていこうと思う。

(15/05/07) »続きを読む

OATA魂は揺るがず 新三役が現状、未来を語る(2)

―今期再度「最強の理事」の構築を目指すということだが、どのように進めていくのか。

徳原 OATAでは(1)業界の内情に精通していること(2)事業の経営能力に優れていること(3)責任感が旺盛であること(4)組合運営に積極的に取り組めること(5)組合員の信頼感が厚く、リーダーシップに優れていること。この5項目を「理事の資質」として定めており、これに伴った人選を各支部で行うことになっている。理事に選出された人たちはこの5項目を念頭に入れて、担当箇所を担っていただく。

(15/05/07) »続きを読む

OATA魂は揺るがず 新三役が現状、未来を語る(1)

協同組合大阪府旅行業協会(OATA)は3月末に開いた総会で、理事長に徳原昌株さん、副理事長に前田栄次さん、専務理事に鈴木隆利さんを選出した。新三役にOATAの現状、今後について話してもらった。

(15/05/07) »続きを読む

フェリークルーズの可能性を探る 各社代表による観光座談会(4)

―このほかこれまで不便だったものが改良されたことはありますか。

岡田 昔にくらべてどの船社も食事がよくなりました。私どもも朝食は統一で3メニューしかありませんが500円にしたところ、レストランに来られるお客様が倍くらいになりました。

(15/03/10) »続きを読む

1  2  3  4  5  6  7

日刊トラベルニュース 新着記事

closeup アーカイブ
がんばろう!日本
がんばろう!日本