楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   クローズアップ

クローズアップ

カテゴリ
特集   |   リポート   |   座談会   |   インタビュー   |   観光と人
OATA前田副理事長

新規組合員増とOATAクーポン増売へ 協同組合大阪府旅行業協会三役で鼎談(3)

17/08/23    

組合員の利益追求へ手緩めず ―株式会社全旅の全旅クーポンとOATAクーポンとの棲み分けは。 徳原 単純な比較は慎みたいが、全旅クーポン会員が2100社で約300億円の発券額からすると、100社のOATAがいかに頑張っているかとい...

OATA清水専務理事

新規組合員増とOATAクーポン増売へ 協同組合大阪府旅行業協会三役で鼎談(2)

17/08/23    

案内所復調へ全旅九州沖縄と連携 ―次にOATA連絡協議会についての話を聞きたい。 徳原 いつも言っていることだが、OATAの立ち上げ時に在阪の案内所には本当に世話になった。その協力がなければOATAは立ち上がっていなかったかもし...

OATA徳原理事長

新規組合員増とOATAクーポン増売へ 協同組合大阪府旅行業協会三役で鼎談(1)

17/08/23    

協同組合大阪府旅行業協会(OATA、徳原昌株理事長)は2017年度の総会で徳原理事長と前田栄次副理事長を再選。専務理事に清水康市さんが選出された。総会から3カ月が経ち、新しい三役にOATAの課題となっている会員増強やOATAクーポン増売など...

日本版DMO、課題は「財源」と「人材」 日観協が調査(2)

17/08/23    

では、実際のDMOの事業全般についてはどうか。DMO登録前に実施していた事業について「見直した」が33%に対し、「見直していない」が42%と従前と変わらない運営を行うところが意外にも多い。 継続事業は「観光情報媒体作成」「関係主体間の...

日本版DMO、課題は「財源」と「人材」 日観協が調査(1)

17/08/23    

観光地域づくりの舵取り役として期待される組織「日本版DMO」。観光庁が2015年11月に開始した候補法人登録制度には現在、全国から145法人が登録されている。登録された候補法人の現状はどのようになっているのか。日本観光振興協会が候補法人を対...

白浜荘

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(6) 受入施設を紹介

17/08/23    

白浜荘 企業研修や学生合宿に設備充実 琵琶湖の湖西にあたる近江白浜水泳場前に位置するのが、リゾート旅館「白浜荘」。 施設内にはリニューアルした専用の体育館(エアコン付き)やテニスコート(3面)、プール、カラオケルームを完備してい...

長浜市内を散策

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(5) 教旅向けパスポート

17/08/23    

一般社団法人北びわこふるさと観光公社(滋賀県長浜市、岸本一郎理事長)は、教育旅行専用企画として長浜市の歴史文化施設利用に便利な「びわ湖・長浜 スクールパスポート」を販売している。 パスポートは長浜市がもつ戦国時代から近代にかけて豊かな...

京都大学ボート部OB会

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(4) 「周航の歌」100周年で「なぞり周航」

17/08/23    

滋賀県では合唱コンクールや音楽祭、まち歩きツアーなど「琵琶湖周航の歌100周年記念事業」が各地で行われている。 6月24―27日まで同歌が歌われた場所や歌碑設置カ所を京都大学ボート部OB会がボートに乗って巡る「なぞり周航」を実施。歌碑...

奥びわ湖観光協会山本清蔵会長

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(3) 3観光協会長で座談会後編

17/08/23    

大きな意味で「奥琵琶湖」PR ―琵琶湖や船を使った観光振興については。 岸本 冒頭の話になるが、我々は琵琶湖を活かした観光ができているようでできていない。船をうまく活用すれば、新たな魅力づけができる。 前川 お客さんにとっ...

長浜観光協会岸本一郎会長

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(2) 3観光協会長で座談会前編

17/08/23    

7月1日「びわ湖の日」に長浜市と高島市の3つの観光協会が広域観光協定を結んだ。長浜観光協会の岸本一郎会長と奥びわ湖観光協会の山本清蔵会長、びわ湖高島観光協会の前川為夫会長、琵琶湖汽船の川戸正幸社長に集まってもらって話を聞いた。 長浜・...

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ