楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地元密着「近ツー関西」 近旅連関西大商談会で事業方針を説明(1)

近畿日本ツーリスト協定旅館連盟関西連合会(中照策会長=和歌山県南紀勝浦温泉・かつうら御苑)は9月5日、京都市南区の新・都ホテルで第2回オール関西国内大商談会を開催した。旅連と近ツー関係者約200人が出席した。

「ランドセルから終活まで」 三田本部長が構想語る

商談会の冒頭、10月1日に分社、発足する新会社「近畿日本ツーリスト関西」について、新会社の社長に就く三田周作・近ツー執行役員関西営業本部長が事業方針を明らかにした。地元密着の地域会社としてエリア戦略を明確化し「関西のお客様に我々の価値を提案していきたい」と語った。

三田周作近ツー執行役員関西営業本部長

新社長に就く三田本部長が
事業方針を説明

三田本部長は、これまで個人と団体営業が別会社で「バラバラに動いていた」「団体営業がメイトやホリデイを売る意識が希薄だったし、個人営業も同様だった。旅館ホテルの皆さんと一緒に、関西のお客様に何を提案していくのか模索していく」とした。

エリア密着については「ランドセルから終活まで」と表現。教育旅行に始まりクラブツーリズムの終活ツアーへと人生の節目、節目に接点を持ったライフスタイルに密接する営業展開の構想を話した。

また、統合による経済性については、10月6日に催行するJR西日本の豪華寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風のチャーターツアーを例に挙げた。「このツアーは、KNT―CT全体で集客に取り組み、団体と個人の連携による販売力を強化しなければ実現しない商品」とし、社内の人材をフル活用する統合効果を先取りしたものだと話した。

三田本部長は「自分たちの会社で自分たちの地域を関係先、旅館ホテルの皆さんとともに良くしていく。新会社による社員の意識改革をもっとも期待している」。

(次の記事)地元密着「近ツー関西」 近旅連関西大商談会で事業方針を説明(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ