楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

DMOの「連携」とは―大阪でフォーラム開催(2) 課題は人材マネジメントと財源

「DMOの横と縦の連携」で議論

続いて開いたパネル討議には、実際に観光まちづくりに取り組んできたパネリストが登壇。大社さんをコーディネーターに、近畿大学教授の高橋一夫さんをコメンテーターに、「DMOの横と縦の連携」をテーマに議論を交わした。

和歌山県・田辺市熊野ツーリズムビューロー会長の多田稔子さんは、熊野古道に訪日客を呼ぶ着地型観光についての事例を紹介。世界遺産の参詣道を活用し、欧米豪の個人客をターゲットに地域を売り込んできた。「外国人スタッフを採用するなど訪日客目線を重視し、現地のレベルアップに取り組みました。来るのが困難なまちを世界に通用する観光地にするために『地域と訪日客をつなぐ役割』を徹底しました」。

京都府・海の京都DMO総合企画局長の今井真二さんは、府北部各市町の観光協会を統合し連携を深化させる組織体制を解説。「初年度は徹底的にマーケティングに予算を投入しました。各首長とコミュニケーションを取れる体制も重要です」とポイントを語る。

DMOフォーラム

DMOのあり方を議論

歴史街道推進協議会前事務局長の井戸智樹さんは広域・官民連携の組織運営には「『ならでは』以外はしない、マーケやプロモーションだけが守備範囲でなくまちづくりや制度改革も重要視すべき」とノウハウを提供。

関西観光本部事務局長の森健夫さんは、広域連携DMOが苦しむ背景にはマーケデータの不足や財務体質の強化などが課題と現状を分析した。

高橋さんはDMOの発展には財源、人材、組織のマネジメントなど課題があると紹介しながら、人材について「行政からの出向が多く、命令がDMOと行政から二元化されていることがある。これは海外ではありえず、結果に差があるとしたらこの点のマネジメントだろう。いかにプロパーを確保するか。ここにも財源が必要で、20年以降に交付金がなくなったらDMOそのものの連携で解決していかないといけない」と、今回のテーマ「連携」のひとつの考えを示した。

(前の記事)DMOの「連携」とは―大阪でフォーラム開催(1) 地域商社×DMOで稼ぐ体制を

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ