楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スポーツツーリズムで価値創造 JATAフォーラムから(1) 広大な市場性に大きな可能性

日本旅行業協会が主催するJATA経営フォーラムが2月26日、東京都内で開かれた。日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)の原田宗彦代表理事が「スポーツを通じたビジネスの価値創造 旅行業界のブルーオーシャン戦略」と題し基調講演した。

平昌オリンピック閉幕翌日に開かれた今年のフォーラムは、メーンテーマにスポーツツーリズムを持ってきた。ラグビーワールドカップ日本大会、東京オリンピック・パラリンピックと国際的なスポーツイベントを控え、旅行ビジネスになるスポーツツーリズムの現状と可能性について共有しようというものだ。

「スポーツツーリズムとは、スポーツをする、見る、(プレーヤーや大会を)支えるで、スポーツで人やモノを動かす仕組みづくりです。ツーリズムとして認識されていない隠れているスポーツ資源が日本には無限にあります」と、学者らしい明るさで原田さんは、広大な市場性を断言する。

スポーツツーリズムの推進には政府も前向きだという。スポーツ庁は17年6月にアウトドアスポーツ推進宣言を行い、スポーツによる地方創生や訪日旅行誘致の考え方を打ち出しているほか、全国で170ほどを目標に地域スポーツコミッションの創設を後押しする。

(次の記事)スポーツツーリズムで価値創造 JATAフォーラムから(2) 冬季、都市型にも期待大

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ