楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中国四川省へツアー造成を 世界遺産とパンダ生息地、三国志ファンの聖地(1)

世界遺産が数多くあり、著名な四川料理など観光素材が豊富な中国・四川省。今年8月の地震以降、日本からの観光客が激減し、10月までに催行予定だったツアーのほとんどがキャンセルになった。しかし、地震の被害は一部エリアに限定され、多くは通常通り観光を楽しむことができる。中国国家観光局では、日本人および日本の旅行会社に四川省への観光来訪を呼びかけている。

中国西南部に位置する四川省は、面積約40万平方キロメートルで日本の約1.3倍。中国の省としては5番目に広い。地震があったのは省北部で、四川省を代表する観光地で日本人の人気も高かった世界遺産の「九寨溝(きゅうさいこう)」に震源地が近いことから、観光を手控える雰囲気が一気に高まったとみられる。

一方で、四川省は「四川パンダ生息地」「峨眉山と楽山大仏風景区」「青城山と都江堰灌漑システム」と、九寨溝以外にも3つの世界遺産を抱える。

パンダ生息地は9245平方キロメートルあり、世界に生息する3割以上のジャイアントパンダがこのエリアに暮らしている。豊かな自然に恵まれ、ジャイアントパンダのほかにも絶滅危惧種のレッサーパンダやユキヒョウ、ウンピョウなど希少な野生動物が5―6千種が生息している。観光の核になるのは省都・成都にある成都パンダ繁殖飼育研究基地。世界で最も大きな半野外飼育パンダ生態園で、約80頭のパンダを飼育、見学することができる。

成都パンダ繁殖飼育研究基地

成都パンダ繁殖飼育研究基地で暮らすパンダたち。
日本では考えられない数だ

(次の記事)中国四川省へツアー造成を 世界遺産とパンダ生息地、三国志ファンの聖地(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ