楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

箱根が12連覇達成、上位は安定のブランド力 じゃらん人気温泉地ランキング2018

リクルートライフスタイル・じゃらんリサーチセンター(沢登次彦センター長)はこのほど、毎年恒例の「人気温泉地ランキング」の2018年版の投票結果を発表した。旅行者が「もう一度行ってみたい」と感じる人気温泉地は箱根(神奈川)が調査開始以来12連覇を達成。2位は草津(群馬)、3位は別府と由布院(いずれも大分)と、上位の顔ぶれは例年と変わらず、安定したブランド力を示した。

5位の登別(北海道)を含めた上位5温泉地は12年以降、順位の変動は若干あるものの常にトップ5を形成。以下、6位道後(愛媛)、7位指宿(鹿児島)、8位黒川(熊本)、9位有馬(兵庫)まで昨年と動きはなかった。10位には城崎(兵庫)が昨年の12位からランクアップした。

一度は行ってみたい「全国あこがれ温泉地ランキング」は12年連続で由布院が断トツの1位。2位は乳頭(秋田)、3位は草津、4位は別府、5位は指宿と続き、上位の顔ぶれに大きな変動はない。

満足度ランキングは総合温泉地部門で高湯(福島)が満足者の割合97.1%で2連覇を達成。2位は乳頭、3位は白骨とトップ3は例年同様強い。訪問者100人未満の秘湯部門は1位黒部峡谷温泉群(富山)、2位九州“夢”温泉郷(大分)、3位わいた(熊本)がランクインした。

調査は宿泊予約サイト「じゃらんnet」の利用者を対象に昨年8月に行い、全国327温泉地から選択。回答数は1万2017人。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
最古の湯愛媛道後の世界に浸かる

愛媛県松山市・道後温泉。日本三古湯としての歴史風情と良質な泉質を今に守りながら、現代の観光シー...

鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ