楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

滋賀草津は「健幸都市」 ヘルスツーリズム確立目指す

滋賀県草津市が「健幸都市」を掲げている。経済誌が行っている暮らしやすさなどの都市ランキングで毎年上位にランクされ、全国的にも希少な定住人口が右肩上がりで増えている草津市。それに安穏とすることなく、高齢化・人口減少が進んでも持続可能なまちづくりを目指したものだ。

健幸都市基本計画ではハード整備や市民の健康づくりなどを重点施策とするとともに「しごとの健幸づくり」を推進している。その核になるのが市内の多様な地域資源を掘り起こし、健幸になれる旅「草津版ヘルスツーリズム」の構築。事業化への支援を同市で創業した日本旅行が行っており、マスコミや旅行会社を招いたモニターツアーを実施した。

ツアーは、特産品の愛彩菜を収穫し昼食として食べたり、草津川跡地公園でノルディックウォークを体験。自然環境や地元食材を楽しんだ。なかでも立命館大学びわこ・くさつキャンパスでは、スポーツ健康科学部の田畑泉教授が考案した「タバタトレーニング」を実践。欧米では知られたトレーニングで、スピードスケートの日本代表など多くのアスリートが導入しているという。

タバタトレーニングは20秒間の運動と10秒間の休憩を繰り返して8セット行う。間欠的なトレーニングを行うことで有酸素、無酸素運動の両方を向上する。実際、かなりきついのだが、テンポよく短時間で効果が得られることを実感した。

タバタトレーニング

「タバタトレーニング」

田畑教授は「日本人の死因は生活習慣、運動不足によるものです」とし、1日のわずかな時間でも身体活動を行うことを勧めた。

草津市、日本旅行では今後、民間主体で自立的なヘルスツーリズムの運営を構築したいとしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ