楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本にも本格クルーズの時代到来

2013年から、外国船による日本発着の定点定期クルーズが始まりました。

最初に始めたのは米プリンセス・クルーズで、7万総トンの「サン・プリンセス」で主に横浜発着で9回のクルーズを行いました。もちろんターゲットは日本人マーケットでした。そして翌年には11万総トンの「ダイヤモンド・プリンセス」も投入して、サン・プリンセスでは小樽発着の北海道一周クルーズ、ダイヤモンド・プリンセスでは首都圏発着のクルーズを行いました。この2隻で40回のクルーズを行い、6万人あまりの集客ができましたが、目標の10万人には届きませんでした。

そこで、3年目からはダイヤモンド・プリンセスだけでのクルーズを実施して、着実に業績を挙げ、17年には前年比34%アップの8万人弱の乗船客数を達成しました。消席率は100%でした。18年からは、いよいよ1年間を通じた日本発着クルーズが始まります。クルーズ数が増えたので、年間総船席数は10万人を超えます…

(池田良穂=大阪府立大学特認教授)

(トラベルニュースat 2017年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
新クルーズ学 の新着記事
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

冬は北近畿の季節まんぷく紀行へ

本格的な冬が到来。とくれば、旅の興味は冬の味覚の王者・カニに集中する。京都府・兵庫県北部の北近...

実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ