楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

急拡大する豪マーケット

今、クルーズ人口の増加が著しい国が中国とオーストラリアです。

オーストラリアでは古くからトラディッショナル・スタイルのクルーズは人気がありましたが、2000年代になってアメリカから現代クルーズが進出して、マーケットの急拡大が始まり、16年の統計では、クルーズの浸透率(クルーズ人口/人口)はクルーズ先進国のアメリカの3.5%を抜いて、4%に達しました。人口の4%の人が毎年クルーズを楽しんでいることになります。この数字を日本に当てはめると530万人となり、現在の日本のクルーズ人口の約21倍になります。

何がオーストラリアのクルーズを、こんなにも成長させているのかを見てみたくて、3月にシドニー発着のクルーズ客船「オベージョン・オブ・ザ・シーズ」に乗船することにしました。まず、下調べとして「地球の歩き方」のシドニー版を見て驚きました。巻頭のカラーページに6ページも割いて、シドニー発着のクルーズの紹介があるのです。たぶんシドニー在住の情報提供者からの情報に基づいてのページだと思いますが、それほどクルーズがシドニーで根づいているということなのでしょう。クルーズの認知度がオーストラリアではとても高いということを物語っています…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2018年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ