楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「文学フリマ第26回東京大会」 本の著者と読者が直接対峙する面白さ

もしかしたら、前にも書いたことがある話題かもしれないので、「またも」と話のきっかけを作ってから、始めようと思う。

文学フリマのことである。文学フリマ(通称文フリ)は、2002年から始められた文学系同人誌の展示即売会のこと。

いわば、コミック系同人誌の展示会であるコミックマーケット(コミケ)の文字雑誌版がこれだが、毎年夏冬、東京ビッグサイトで開催されるコミケが、3日間で50数万人を集める日本有数のコンベンションであるのに対し、文フリは1日開催で来場者数が3600人程度とまったく及ばないが、作り手と買い手の熱気はコミケに負けない。

同人誌と言っても、文学系の創作を並べたものだけではなく、たとえば観光関連の聖地巡礼をテーマにしたサークルが出している聖地ガイド本やら、全国の都市にあるコミュニティバス路線を手分けして完乗したドキュメンタリーとか、時間だけはたっぷりある「素人力」で作り上げた資料になるものを出品しているところも多いのである…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2018年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ