楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

不意の失言

2017年4月23日 食通が食事後に、料理長と親しく懇談。プロレベルの舌を持つ者同士の会話は、無上の喜びでしょう。

しかし、宿泊業界では旅行者である客が旅のプロで、宿の人は地元には精通していても、旅は素人同然。さらに料理は料理長の創作物ですが、温泉は自然の恵みで宿が造ったわけではありません。料理なら料理長が詳細まで完全に把握していますが、温泉は宿の人でも分かっていない場合が大半。むしろ生まれた時から温泉地にいるので、温泉のありがたみも他の温泉との違いも、具体的にはまったく分かっていない場合が多いのです…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2017年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
温泉道への招待 の新着記事
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今旅

JR御茶ノ水駅からスポーツ用品店街、古・書店街、明大通りの楽器店街など専門店街を歩く旅...

今旅

新宿区の新宿四谷旅館協同組合から、四谷駅から新宿三丁目駅までを歩く東京観光の提案...

今旅

信州DC後も信州南部、中央アルプスと南アルプスに抱かれた長野県駒ヶ根市は秋冬の話題が豊富...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ