ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > 地域情報 > 旅の図書館が青山に移転オープン 機能も強化/東京

旅の図書館が青山に移転オープン 機能も強化/東京

観光関連の図書6万冊を収蔵する「旅の図書館」が10月上旬、東京・青山に移転オープンした。公益財団法人日本交通公社(JTBF)が1978年に東京八重洲に開設。今年8月に公社ビルが青山に完成したのを受け、移転した。

移転を機に図書館のコンセプトを「観光の研究や実務に役立つ図書館」にリニューアル。専門性を高めるとともに、専門家や観光関係者の交流の場、プラットフォームとしての図書館の機能を強化した。

観光の研究者や観光政策の立案者、観光産業関係者に利用してもらうため、専門性の高い図書や統計、JTBFの調査研究報告書も公開図書に加えた。また、独自分類法を開発し、蔵書を観光研究資料、財団コレクション資料、基礎文献の大きく3つに分類し書架に反映させた。

旅の図書館
一新された館内

専門家の利用を期待する一方で、観光地のガイドブックや小説などの文学も従来通り配架。古書・稀覯本も目立つ場所で公開し、旅行ファンの観光への興味をかきたてる。

交流の場としては、書架に隣接したライブラリーホールを設けた。100人規模のシンポジウムができる。

開館は月―金曜日の10時30分―17時。入館は無料。地下鉄青山一丁目駅出口から徒歩3分。

(16/12/16)

地域情報 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本