ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > 地域情報 > 鳥取自慢の「すなば珈琲」 米子・お菓子の壽城に県西部初出店

鳥取自慢の「すなば珈琲」 米子・お菓子の壽城に県西部初出店

鳥取県米子市の「お菓子の壽城」に3月1日、すなば珈琲がオープンした。県西部初出店で、連日入店待ちの行列ができるなど人気を呼んでいる。

すなば珈琲は、2014年4月に鳥取市内で開業。当時、47都道府県で唯一スターバックスコーヒーがなかった鳥取県の平井伸治知事が「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある」という自虐ネタをヒントに出店し、本格派のコーヒー店として全国的に話題になった。本家が鳥取市内に開業した15年春以降も、すなばとスタバの「ハシゴ珈琲」は旅行目的になっているほど。

すなば珈琲
お菓子の壽城内の
「すなば珈琲」

コーヒーは、大山の眺望が美しい2階レストランで飲めるほか、1階のテイクアウトコーナーでも対応。立ち寄り時間に限りがあるツアー客にも「すなば珈琲」を楽しんでもらっている。ただし予約はできない。

営業は9―17時。モーニング、スイーツセットなどもある。

お菓子の壽城の橋谷信彦支配人は「すなば珈琲とのタイアップによるコラボ企画のシナジー効果で、地元観光を盛り上げ地域活性化に貢献したい」としている。

問い合わせは電話0859―39―4111。

(17/03/21)

地域情報 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本