楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

鳥取空港50周年で記念式典 「空の駅」今後の発展に期待

17/09/05

鳥取市の鳥取砂丘コナン空港が開港50周年を迎え、7月30日、同空港国際会館で記念式典が開かれた。地元から自治体や関係者ら約100人が出席し、節目を祝った。

同空港は1967年7月31日に供用開始して以来、県東部の空の玄関口として親しまれてきた。現在は全日空・東京便が1日5往復就航している。

鳥取空港50周年

祝賀ムードが漂う

この日、平井伸治・鳥取県知事はあいさつのなかで、現在進められている同空港の「空の駅」化について紹介。今後の空港と地元の発展に期待を寄せた。

同空港では国内線ターミナルと国際会館をつなぐ形で増床、空港ターミナルビルとして一体化する工事が進められている。オープンは2018年7月の予定で、県の食や特産物、観光の魅力を発信するなど拠点機能を強化して運営される。式典では工事完成後の模型も披露された。

また空港と鳥取港を結ぶ「ツインポート化」も推進。連絡道路を整備し集客力を向上させる。道路供用は18年3月の予定。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ