楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

但馬―伊丹便に新型機 増席で首都圏、団体利用に期待/兵庫

18/04/26

兵庫県・但馬空港と大阪伊丹空港を結ぶ日本航空(JAL)便に5月7日、新型機が導入される。従来より12席増の48席となり輸送力を増強。関西だけでなく首都圏からの誘客促進が期待される。

但馬―伊丹便は2017年度の年間利用者数が約3万2千人となり、3年連続の最高記録を更新。関西や東京から乗り継ぎで利用する首都圏からのビジネス客が伸び、好調を維持している。

導入する新型機はATR42―600。座席数増に加え、通路幅、手荷物収納スペースも拡大するなど利便性が向上する。あわせて但馬空港には搭乗スロープの導入も予定している。

なお、便数はこれまで同様1日2往復。伊丹発が8時45分発―但馬9時20分着、17時発―17時35分着。但馬発は9時50分発―10時30分着、18時5分発―18時45分着。

新型機の導入で地元では観光誘客の促進を期待する。従来はビジネス客が先に予約をとると団体客の予約が難しかったが、増席でグループ・団体客の利用もこれまでより容易になる。

兵庫県の井戸敏三知事は定例会見で、首都圏の誘客に期待をかけた。「(伊丹で)30分以内で乗り継ぎができるような編成なので2時間ほどで東京羽田から但馬に着ける。座席の確保ができて2時間ぐらいなら、かなりのメリットになる」。

また、団体客の誘客については「まずは旅行会社に売り込む必要がある。20―25人ぐらいのグループを作ってもらうのが効果的。そのために集中的に城崎温泉や(豊岡市の)コウノトリ公園、山陰ジオパークなどの魅力を、旅行会社を通じて関東に売り込んでいきたい」と話した。

5月7日には同空港で歓迎セレモニーと記念式典を開催する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ