ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > インバウンド > 訪日外客数、7月は単月最高の230万人 中国の好調目立つ

訪日外客数、7月は単月最高の230万人 中国の好調目立つ

日本政府観光局(JNTO、松山良一理事長)によると、7月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比19.7%増の229万7千人で、単月の過去最高を更新した。夏季休暇シーズンを迎え各市場が好調ななか、全市場を通して初の単月訪日客70万人を突破した中国の好調さが目立った。

これまでの単月の過去最高は今年4月の208万2千人だったが、これを約20万人上回った。今年1―7月の累計は前年同期比26.7%増の1401万人となった。

JNTOは7月の結果について、夏休みシーズンで訪日需要がピークを迎えるなか、クルーズ船の大幅な寄港数増や航空路線の新規就航などが寄与したとしている。

市場別では中国と香港が単月として過去最高、英国とロシアを除くそのほかの16市場が7月単月の最高を更新。中国はこれまでの好調さに加え、クルーズ船の寄港増もあり、同26.8%増の73万1千人と全市場でも飛びぬけて多い。韓国は熊本地震による不振からの脱却が見え、同30.0%増の44万7千人だった。

JNTOでは夏季シーズンが続く8月も、7月同様のプラス要因が送客拡大に寄与すると期待している。

(16/08/29)

インバウンド 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本