ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > インバウンド > 経産省、インバウンドで地域活性化を支援 新潟湯沢など9件採択

経産省、インバウンドで地域活性化を支援 新潟湯沢など9件採択

経済産業省はこのほど、地域の中小企業などが外部人材を生かしてインバウンドで消費拡大を目指す活動を支援する「Travel Mine JAPAN(トラベル・マイン・ジャパン)」事業の採択案件9件を発表した。

「トラベル・マイン・ジャパン」は同省の今年度補助事業で、正式名称はJAPANブランド等プロデュース支援事業。インバウンドによる地域活性化をプロデュースする取り組みに対し費用の一部を補助するほか、アドバイザーの派遣など効果向上を支援する。今回は全国から73件の応募があった。

採択された案件は、雪国ガストロノミーツーリズム(新潟県湯沢町)▽古民家・歴史的建築物を活用したインバウンドプロジェクト(兵庫県篠山市)▽会津エクスペリエンス・デザイン・プロジェクト(福島県会津若松市)▽北海道リゾートウェディングブランド化プロジェクト(北海道)▽健康半島、知多半島を創造する(愛知県知多半島)▽"Rural-Retreat"としての祖谷茅葺民家ステイの海外発信と関連商品開発(徳島県三好市)▽城崎リデザインプロジェクト(兵庫県豊岡市)▽東京を起点とした1泊で楽しめるアートツーリズム(群馬県高崎市、静岡県伊豆エリア、神奈川県箱根町)▽フランスメディアへの「宇治茶ブランド」プロモーションプロジェクト(京都府宇治市)。

(16/10/12)

インバウンド 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本