ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > インバウンド > 訪日旅行の拠点に 大阪府らが大阪駅にサービスセンター開業

訪日旅行の拠点に 大阪府らが大阪駅にサービスセンター開業

JR西日本と大阪府、大阪観光局は3月24日、JR大阪駅に「トラベルサービスセンター大阪」を開業した。急増する訪日外国人旅行客向けのサービスを充実、多言語化対応の観光および鉄道案内、外貨両替、手荷物一時預かりなどを集約しワンストップで対応できるようにした。

従来の大阪観光案内所と鉄道案内所などを一体化し、日本旅行TiS大阪支店の一部も利用する。大阪周遊パスの販売や宿泊予約、訪日旅行保険のあっ旋なども行う。営業は7―23時。運営費の一部は今年1月から大阪府が徴収を始めた宿泊税を充てる。

24日の開業式典で大阪府の松井一郎知事は「2020年にインバウンド1300万人を目指す大阪のおもてなしの拠点」とあいさつ。

大阪観光局の溝畑宏理事長は「1日250万人が乗降する大阪駅の拠点性は高まっている。アジアのハブとしてトラベルセンターを運営したい」、JR西日本の来島達夫社長は「施設を活用し2回、3回と来てもらえる大阪にしたい」と抱負を述べた。

トラベルサービスセンター大阪
関係トップが集った開業式典

(17/04/14)

インバウンド 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本