ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > インバウンド > 好調韓国がけん引し18%増 6月の訪日外客数

好調韓国がけん引し18%増 6月の訪日外客数

日本政府観光局(JNTO、松山良一理事長)によると、6月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比18.2%増の234万7千人だった。6月単月の過去最高を36万人超更新。春夏の繁忙期の狭間といえる梅雨時を迎えたが、韓国をはじめアジア市場からの高需要があり、まずまず好調だった。

JNTOでは航空座席供給量が増加した韓国市場の伸びが大きく、これが全体数を押し上げたとの見解を示す。加えて断食明け大祭の休暇などにあわせた訪日プロモーションも奏功したとしている。

市場別では台湾が単月として過去最高を記録。前年同月比を割り込んだインド、英国、フランスを除くそのほかの主要16市場が6月単月の過去最高となった。

韓国は航空座席供給量が増加に加え、昨年の熊本地震の反動から、同63.8%増の56万9千人に。中国は同0.8%増の58万7千人にとどまったものの今月は最大の訪日市場になった。そのほか、東南アジア各市場や香港の伸びが目立つ。

上半期1―6月の総計は同17.4%増の1375万7千人となり、主要全市場で過去最高を記録。このペースで行けば今年1年間で2800万人超となる。

(17/07/25)

インバウンド 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本