楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊の観光利用は15% 訪日外客消費動向、追加調査で実態示す

観光庁が発表した7―9月期の訪日外国人旅行者の消費動向調査結果(速報)によると、訪日外国人全体の旅行消費額は前年同期比26.7%増の1兆2305億円と大きく増加した。今回から民泊の利用実態も調査に加え、観光目的では約15%が民泊施設を利用していることが明らかになった。

訪日外国人の日本国内での1人あたりの旅行支出は、同6.6%増の16万5412円。韓国や中国などで消費額が増加、ベトナムやフランスなども急伸し、続いていた減少傾向に歯止めがかかった。

国・地域別の旅行消費額は、1位が中国の5432億円、2位が台湾の1490億円、3位が韓国の1361億円。以下、香港、米国、タイと続き、上位5カ国で全体の8割を占める。

費目別では、買い物代34.2%、宿泊料金29.7%、飲食費21.1%の順。買い物代がやや縮小、宿泊料金の構成比が拡大した。1人あたりの費目別支出では、宿泊費は欧米豪で高い傾向が続いている。

また、訪日外国人客の「有償での住宅宿泊」、いわゆる民泊の利用が増えていることから、今回から滞在中の利用宿泊施設にこれを追加して調査。全宿泊施設のうち12.4%が民泊施設を利用、うち観光・レジャー目的では14.9%だった。

民泊利用者の属性は、国籍・地域別ではシンガポール、フランス、インドネシア、オーストラリアの順に多く、アジアや欧米豪などで偏りはない。年齢層は20代以下、同行者は家族・親せき、友人が多い。

日本滞在中は民泊のみの利用が63.2%、旅館ホテルと組み合わせてが36.8%。大阪府、京都府への訪問率が高く、旅行中は「繁華街のまち歩き」「テーマパーク」「日本のポップカルチャーを楽しむ」が民泊非利用者より多いという特徴を示した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ