楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「酒」文化で訪日誘客 日本酒蔵ツーリズム推進協、組織強化で推進本格化

17/08/23

日本酒蔵ツーリズム推進協議会は6月28日に開いた総会で、従来の酒蔵ツーリズム推進協議会から改称、組織強化を図って酒蔵ツーリズムの一層の推進に向けて新たな一歩を踏み出した。

前身の酒蔵ツーリズム推進協議会は、インバウンド全盛時代を迎え、地域の観光活性化が叫ばれるなか、日本文化の魅力の1つである日本酒と酒蔵を世界に発信しようと、2016年11月に創設。今回はそれを発展させる形での改称であり、「日本酒と地方の魅力を酒蔵ツーリズムで国際的に伝えていく」という目標の明確化と、意思決定機関である運営委員会の創設など組織改革を図った。

会長には細野助博・中央大学総合政策学部教授が就任。副会長は久保田穣・公益社団法人日本観光振興協会副理事長、佐浦弘一・日本酒造組合中央会副会長、宮坂不二生・東北・夢の桜街道推進協議会事務局長が就いた。

同協議会では16年度、観光庁の「テーマ別観光による地方誘客事業」に採択され、ウェブサイトの構築や、山形、山梨、長野へのモニターツアーを実施。今年度は、クルーズ客船と連携したモニターツアーやプロモーション、通訳案内士への酒文化教育の推進などに取り組む。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今旅

JR御茶ノ水駅からスポーツ用品店街、古・書店街、明大通りの楽器店街など専門店街を歩く旅...

今旅

新宿区の新宿四谷旅館協同組合から、四谷駅から新宿三丁目駅までを歩く東京観光の提案...

今旅

信州DC後も信州南部、中央アルプスと南アルプスに抱かれた長野県駒ヶ根市は秋冬の話題が豊富...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ