楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

リニア“奈良ルート”で連携 三重、奈良、大阪、知事出席で決起大会開く(2)

17/09/29

リニア中央新幹線は、東京・品川―名古屋間が2027年に開業する予定。南アルプスを貫く全長21キロのトンネル掘削など前例のない難易度の高い建設工事が進められている。名古屋まで開通すると、新大阪―東京間は乗り換え時間を含めて1時間45分程度で結ばれる見込みだ。名古屋―大阪間は当初45年の予定だったが、国から3兆円の融資を受けてJR東海では最大8年前倒しして全線開業する方針を固めている。全線開通すれば新大阪―東京間は67分で、三大都市圏が1時間圏内になる。

名古屋―大阪間のルートについては国の整備計画で「奈良市付近」を通ると定められている。ただ、詳細は未定で、京都府や京都市は京都駅への誘致を進めている。

この日、松井知事は「自治体間が揉めて延伸を遅らせてはいけない」と話し、荒井知事は「真っすぐなルートは高速鉄道にマスト」と京都誘致の動きをけん制した。

(前の記事)リニア“奈良ルート”で連携 三重、奈良、大阪、知事出席で決起大会開く(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ