楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「既成概念にとらわれない大胆な施策」 観光ビジョン実現プログラム’18を決定

18/07/09

政府は6月12日、観光立国推進閣僚会議(安倍晋三首相主宰)を開き、「観光ビジョン実現プログラム2018」を決定した。

同プログラムは政府の今後1年の行動計画をまとめたもので、毎年見直している。今年度は、2016年3月決定の「明日の日本を支える観光ビジョン」に掲げた2020年の訪日外国人客数4千万人をはじめとする目標達成に向け、17年9―18年6月に「観光戦略実行推進タスクフォース」で打ち出した施策を中心にまとめた。

主要施策は「観光資源の保存と活用のレベルアップ」「世界水準の旅行サービスの実現」「JNTO(日本政府観光局)・DMOの大胆な改革」の3テーマ。このテーマのもとに「既成概念にとらわれない大胆な施策を打ち出した」(観光庁)としている。

「観光資源の保存と活用のレベルアップ」では、東京・赤坂迎賓館と京都迎賓館、桂離宮など公的施設・インフラの開放や、文化財の多言語解説の充実、VRの活用による魅力発信で文化財の観光資源化を推進。これまで取り組んできた国立公園のナショナルパークとしてのブランド化も一層深化させる。ナイトタイムなど新しい観光資源の開拓や古民家を活用した観光まちづくりの推進も進展させる考え。

「世界水準の旅行サービスの実現」では、顔認証や空港へのバイオカート導入など最先端技術を生かした出入国審査の実現など訪日旅行者の負担の減少を推進。地方空港のゲートウェイ機能強化とLCCの就航促進、ジャパン・レールパスに利便性向上やレンタカー利用の促進などで「地方創生回廊」を実現させるほか、公共交通の利用環境の進化でアクセス面の利便性も向上させる。

「JNTO・DMOの大胆な改革」は、DMOの運営に関する仕組みの構築や広域的な連携の促進に加え、JNTOによるDMOへのコンサルティングを強化し、世界水準のDMOの形成を目指す。

そのほか、滞在型農山漁村の確立、健全な民泊サービスの普及、クルーズ船受入の拡充、若者のアウトバウンド活性化、「キッズウィーク」による休暇改革などにも引き続き取り組んでいく。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ