ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > 旅行業 > ジャルパック、17年度上期商品を発売 4%増の10万4千人取扱目指す

ジャルパック、17年度上期商品を発売 4%増の10万4千人取扱目指す

ジャルパック(藤田克己社長)は1月19日、JALパックの2017年度上期海外商品を発売した。昨年12月に先行してハワイやカリブなどハネムーンリゾート方面を発売しており、これで出そろった。

17年度上期は、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス利用商品を新設定し、「空の旅」の快適性の向上を図ったほか、ハワイ商品で滞在中の問い合わせ対応を強化した「ビジネスクラス利用者専用ダイヤル」を新設するなど安心面を強化。アジア、中国・香港、台湾商品でWi―Fi環境を全エリアで整備するなど各方面でのサービスの深化も図った。

方面別では、アメリカは商品体系を見直し、ディズニーリゾートを別パンフレットにするなどコース選択の利便性を向上。ヨーロッパは「ゆったり周遊連泊シリーズ」をロンドン・ローマ・パリや地中海クルーズなど22コース設定した。

オーストラリア・ニュージーランドはシニア向け周遊コースとして添乗員同行のパースへの旅を用意。グアムは航空利用、ホテルなど旅の上質さを求めた「大人のグアムコース」を登場させた。

16 年度下期の販売見込みは前年同期比18.8%増のヨーロッパの回復傾向やダイナミックパッケージの人気などから同2.1%増の10万人。中国・アジア方面が好調だった。17年度上期は、引き続きヨーロッパの回復や中国・アジアの好調を見込み、同4.1%増の10万4千人を目指す。

(17/01/23)

旅行業 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本