ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 日刊トラベルニュース > 旅行業 > 鉄旅オブザイヤー、グランプリに日本旅行「ながまれ海峡号に乗ろう」

鉄旅オブザイヤー、グランプリに日本旅行「ながまれ海峡号に乗ろう」

国内の優れた鉄道旅行を表彰する「鉄旅オブザイヤー」の2016年度グランプリに日本旅行の「赤い風船 観光列車『ながまれ海峡号』に乗ろう」が選ばれた。

同賞は、日本旅行業協会(JATA)と鉄道旅客協会でつくる鉄旅オブザイヤー実行委員会が主催し、JR各社や民営鉄道協会、日本観光振興協会、全国旅行業協会が後援。旅行会社がつくる鉄道旅行商品を顕彰することで「鉄旅」の魅力を発信することを目的としている。今年度から、鉄旅ファンの"夢"の企画を募集する一般部門も新設された。

6回目となる今年度の応募総数は過去最多の106作品。旅と鉄道編集長の芦原伸さんが委員長、トラベルニュースat本紙コラム「CS宣言」でおなじみの井門隆夫さんらが審査員を務めた。1月25日にはさいたま市大宮区の鉄道博物館で表彰式が行われた。

グランプリの「ながまれ海峡号に乗ろう」は新規事業室鉄道プロジェクトの瀬端浩之さんの作品。北海道道南エリアで旅行会社初となる観光列車のプロデュースに取り組んだ。津軽と道南を味わえ、地元住民とのふれあいの時間を設けるなど地域の魅力を存分に盛り込んだ。

審査員からは「スタッフみんなで頭をひねって考えた、愛のこもった作品と感じました」(オオゼキタクさん)など熱意ある企画力や地域一体となった取り組みが評価された。

準グランプリは読売旅行の「長崎・雲仙仁田峠ミヤマキリシマと『幸せの黄色い王国』福袋付きカーネション列車と島原半島7大ご当地グルメ食べ比べ。審査員特別賞は西鉄旅行の「貸切新幹線で行く 元気に!九州 鹿児島」、DC賞はクラブツーリズムの「中国鉄道コンチェルト第1楽章―瀬戸内観光列車旅の章―3日間」、ルーキー賞は阪急交通社の「日本海絶景トレイン『きらきらうえつ号』に乗る月山・鳥海山3つの絶景遊覧3日間」がそれぞれ選ばれた。

新設の一般部門ではベストアマチュア賞として谷正博さんの「寝台特急サンライズ瀬戸&四国まんなか千年物語号で行く四国横断鉄道の旅」が受賞した。

(17/02/08)

旅行業 新着記事

    ニュース アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本