楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国内旅行低調響き2.3%減と前年割れ 2016年の旅行取扱

17/08/28

観光庁は2016年度(16年4月―17年3月)の主要旅行業者の旅行取扱年度総計(速報)をまとめた。総取扱額は前年度比2.3%減の5兆5656億800万円。国内旅行の前年割れが響いた。

国内旅行の総取扱額は一年を通して前年同月を下回り、同3.1%減の3兆3281億5900万円。そのうち旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱額は同5.3%減の1兆20億7700万円、取扱人数は同7.2%減の3399万6800人と低調だった。

海外旅行の総取扱額は同2.4%減の2兆369億800万円。マイナスにはなったものの、第4四半期(1―3月)には対前年同期比6.1%増と上向き、近年続いた低迷から脱しつつある。旅行商品ブランドの取扱額は同6.4%減の6076億3200万円、取扱人数は同1.7%減の315万7700人。

外国人旅行の総取扱額は同14.0%増の2005億4100万円。旅行商品ブランドの取扱額は前年並みの70億5600万円、取扱人数は同7.6%増の46万1200人。

50社のうち13社が前年度を上回った。

3月の主要旅行業者の総取扱額は前年同月比3.8%増の5206億6600万円だった。

国内旅行は同0.7%減の3050億7800万円だったが、海外旅行が同9.8%増の1941億2600万円と躍進。外国人旅行は同22.5%増の214億6300万円。

50社のうち31社が前年同月を上回った。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今旅

JR御茶ノ水駅からスポーツ用品店街、古・書店街、明大通りの楽器店街など専門店街を歩く旅...

今旅

新宿区の新宿四谷旅館協同組合から、四谷駅から新宿三丁目駅までを歩く東京観光の提案...

今旅

信州DC後も信州南部、中央アルプスと南アルプスに抱かれた長野県駒ヶ根市は秋冬の話題が豊富...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ