楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ナイトクラブパス発売 JTB西日本、大阪の訪日客に夜観光提案

17/09/26

JTB西日本は9月1日から、訪日外国人客向けに大阪市内のナイトクラブ10店の共通入場パスの販売を始めた。インバウンド受け入れの課題の一つとされる夜の観光やエンターテインメントを充実、大阪で滞在する魅力向上を図る。

共通入場パスは「OSAKA NIGHTCLUB PASS」。キタやミナミでナイトクラブ10店舗をプロデュースするトライハードエンターテイメントジャパン(大阪市)と連携し、全店舗で3日間自由に入退場できるようにした。

価格は3500円。21歳以上の訪日外国人客に限り利用できる。関西国際空港や心斎橋などにあるJTB西日本が運営する関西ツーリストインフォメーション4カ所をはじめ、JR大阪駅構内にある大阪観光局の案内所で販売している。

ナイトクラブは外国人観光客に人気で、パスが対象の10店舗でもすでに1―2割を訪日客が占める。音楽のジャンルや営業時間、店構えが異なり、アジア向けや欧米向けなどの特色があるという。

JTB西日本では「専用ウェブを開設し今後の反響に期待している。インバウンド向けのナイトカルチャー創造事業として、コト消費につなげていきたい」としている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ