楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

カニ、クエ、ブリ―冬のグルメ旅が人気 海外はグアムや欧州が好調 日本旅行の年末年始旅行動向

17/12/27

日本旅行(堀坂明弘社長)は12月22日、年末年始(国内:2017年12月25日―2018年1月4日宿泊、海外:2017年12月25日―2018年1月3日出発)の予約状況から、人気の方面や旅行動向をまとめた。

国内旅行で前年から大きく旅行者数を伸ばした人気ランキングは、夏休み期と同様に沖縄が1位。ファミリーを中心に航空機とホテル、レンタカーのセットプランの予約が好調だ。2位は、城崎など北近畿のカニと白浜など南紀のクエといったグルメ旅行が売れ筋の関西。カニや寒ブリなどのグルメ旅行は直近1カ月で北陸も注目されており3位にランクした。

西日本発着に限っても前年比の1位は沖縄。2位は京阪神、3位が関西で、遠距離と近場にニーズが二極化する傾向になっている。直近の1カ月の伸び率では全国と同様に北陸が1位。2位は首都圏だった。

海外旅行は、チャーター便で席数を増やし前年の1.7倍になったグアムが伸びた。2位のベトナムは、今年の流行語にもなったSNS映えするランタン祭りに注目が集まった。以下、タイ、香港、シンガポールが前年比で大きく伸びた。旅行者数では、夏休みのランキングでもトップだった台湾が年末年始も1位に。観光と食事が付いた商品が売れ筋だ。

西日本発着の海外旅行では、ヨーロッパが前年比較で1位に。イタリア、スペイン、フランスが好調で、日本旅行では「1-3月も好調が続いていることから『ヨーロッパ復調』と言えそうです」と分析。旅行者数の1位は、ダナンやホイアンといった中部のリゾート地の人気が高いベトナムが1位。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ