楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国内は回復傾向、訪日も上昇 JATAの12月期旅行DI

18/01/18

日本旅行業協会(JATA)の2017年12月期(10―12月)旅行市場動向調査の結果によると、国内旅行の景気動向指数(DI)はマイナス4で前期(7―9月)より7ポイント上昇した。海外旅行は変動なしのマイナス16、訪日旅行は14ポイント上昇の14。まずまずの好況傾向となった。

国内旅行は、リテーラー1が21ポイント上昇の21、総合旅行会社が8ポイント上昇のマイナス7となるなど大半の業種で上昇。
エリア別では九州が11ポイント増、山陽・山陰が5ポイント増と回復傾向だが、京阪神は3ポイント減の6とやや下降気味。団体旅行は上昇、個人旅行は下降傾向にある。旅行会社からは「沖縄、北海道、九州などのロング方面が好調」「年末年始は宿泊は昨年度より好調」などの声があがった。

国内の次期(1―3月)DIは、11ポイント下降してマイナス15との見通し。

海外旅行は業種別ではネット系旅行会社が125ポイントも上昇し25に。一方海外ホールセラーなどは下降した。方面別ではアメリカ・カナダ、オセアニアがやや上昇した半面、ミクロネシアは下降となった。
次期DIの見通しは2ポイント下落してマイナス18。

訪日旅行は、リテーラー1の41ポイント上昇、ネット系旅行会社の40ポイント下落が目立つ。方面別では東北、関東、九州が上昇した。旅行会社からは体験型旅行の増加を指摘する声が聞かれる。

次期DIは4ポイント下落し10に。

調査は4半期ごとに実施。JATA会員など307社が回答した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ