楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

事業領域拡大へ気勢 JATA関西支部、年賀会で飛躍誓う

18/02/01

日本旅行業協会関西支部(光山清秀支部長=JTB西日本社長)は1月5日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで年賀会を開いた。会員会社の社員をはじめ在関西の総領事館、観光関係企業・団体などから約400人が参加した。

光山支部長は年頭のあいさつとして「17年は法人需要、個人需要ともに比較的堅調な1年だった」とした上で、18年度に本部が計画している活動方針を紹介した。

一つは旅行業に関する事業領域の拡大とし「観光庁の18年度予算に初めてアウトバウンドが予算化されました。海外渡航者2千万人の実現に向け施策を展開していきたい。国内旅行はDMOが造成する観光素材を活用していく」。また、昨年発生した大型倒産を踏まえた信頼回復、働き方や休み方を改革し人材育成に取り組むことなど「経営環境を整備しなければなりません」とし、本部の方針を関西支部の活動に反映させて関西の活性化に取り組むと語った。

来賓の国土交通省近畿運輸局・坂野公治局長は「インバウンド市場は関西がけん引し投資や雇用を生みだし、経済活性化につなげています。20年の4千万人の目標へ一丸となって向かっていく。アウトバウンドについても恵まれた航空ネットワークを活用したい」などと話し、オール関西での取り組みが一層進むよう呼びかけた。

日本旅行業協会関西支部

山谷佳之・関西エアポート社長の音頭で乾杯

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ