楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

商談会で新年スタート 一社奈旅協

18/02/20

一般社団法人奈良県旅行業協会(中川宜和会長)、奈良県旅行業協会(中川宜和社長)と奈良県旅行業協会協力会(中崇会長=かつうら御苑グループ)は1月19日、奈良市のホテルリガーレ春日野で講習会&商談会・新年互礼会を開き、90人が参加した。

講習会では旅行ビジネスサポートの良峯哲担当部長が全旅協保険制度について説明。旅行災害補償制度のメリットとインバウンド旅行補償制度を紹介し、保険への加入による重大事故やサイバー被害からのサポートについて詳説した。

商談会は中会長の「実のある商談会にしてほしい」というあいさつでスタート。1年間中止していた送客キャンペーン「ヤマトからカモネギ送客キャンペーン」を再開することが発表された。協力会の会員らは旅行業協会会員のテーブルを熱心にまわり、各施設や地域をアピールした。

新年互礼会で中川会長は、旅行業協会がビジネス・情報広報・観光まちづくりの3委員会を設けていることを説明した。会員は必ずどこかの委員会に所属し、会の運営に携わらなければならず、会の活性化につながっていることを強調。協力会とのさらなる絆で信頼関係を構築しながら「奈良県の旅行業協会らしい」運営を行っていくことを訴え、協力を求めた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ