楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

兵旅協、今年度は取扱24億円目指す 「HOK」で連携強化も

18/03/29

兵庫県旅行業協同組合(門田基秀理事長=国際旅行、26組合員)は2月22日、神戸市中央区のホテルクラウンパレス神戸で第42回通常総会を開いた。

第41期2017年度の取扱総額は、目標だった21億5千万円より8%増の23億3千万円、統一クーポンの発券額は14億5千万円の目標に対して10%増の16億円の実績を残したことを明らかにした。

今年度については取引総額24億円、統一クーポン発券額16億5千万円、日本旅行取扱額7億5千万円を目標に取り組むことを決めた。また日本旅行兵旅協独自のORCの継続と要請、報奨金制度協定施設への送客推進などに取り組む。

さらに取扱額の増大、組合基盤の強化、他組織との交流と3つの柱を軸に運営努力することを確認した。他組織との交流については新たに立ち上げたHOK(兵旅協、大旅協、京旅協)の連携を強化する。

別会場では兵旅協契約機関協力会(熊野幸三会長=ルミナスクルーズ)の第16回総会も開かれた。

総会終了後に行われた合同懇親会の席上、門田理事長は「昨年から新体制がスタートした。新しい船で港から2年間の航海に出たが、無事港に戻って来られるように努力したい」と語り、組合員と協力会会員に協力と支援を呼びかけた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ