楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウイーンへ研修旅行 京旅協、芸術の都の風情、名所や観劇から学ぶ

18/05/15

一般社団法人京都府旅行業協会(尾池文章会長)と同協会青年部(岩﨑全慶部長)はこのほど、オーストリア・ウイーンへ4泊5日の海外研修旅行を実施し15人が参加した。

一行は初日、関西空港からルフトハンザ航空に乗り、フランクフルト経由でウイーン空港へ。乗継を入れて12時間。空港から中心部までは約40分で、宿泊はベルベデーレ宮殿すぐ近くのサボイエンホテルで。

翌日はオペラ座やザッハホテル、カプチーノ教会、ドイツ騎士団教会、シュテファン大聖堂、英雄広場などを見学した。3日目はヒルトンビエナプラザホテル、ドゥフランスホテルなど5つのホテルを見て回ったあと、フォルクスオーパ(フォルクスは市民の、オーパはオペラ座の意味)という劇場で「サウンドオブミュージック」を観劇。

京都府旅行業協会研修旅行

皇族たちの居城だった宮殿
にある英雄広場で記念撮影

観劇に先駆けて普段見ることのできないステージ下の機械や大道具置き場などが見学できた。劇はドイツ語だったが英語字幕が出て楽しく観劇できたという。

4日目はフリータイムで各自朝市や蚤の市などを楽しみ、5日目の朝、ウイーン空港から往路と同じくフランクフルト経由で関西空港へ戻った。

今回の研修旅行で参加者の感想は以下の通り。「オーストリアの公用語はドイツ語だが観光地や店、ホテルでは英語が通じることがわかった」「宮殿にオペラ座、国立美術館、博物館、教会はいずれも荘厳な建築物であり、ぜひ立ち寄りたい場所」「街の中心部では馬車が走っていて、風流」「トラムや国鉄、地下鉄、バスが充実しており移動は便利」「スーパーマーケットや市場での買物は日本と大差がない。アルコールは安いくらいだった」。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ