楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

淡路ザ・サンプラザが30周年 記念の集いに160人

17/08/23

兵庫県洲本市の「淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ」(樫本文昭社長)はこのほど、同ホテルで「創業30周年記念の集い」を開いた。取引業者や地元関係者ら160人が祝いに駆けつけた。

樫本社長は「先代社長が1967年、当時では珍しかった洋風のコンベンションホールを持ったホテルをオープンさせたことから、当社の歴史が始まった」とあいさつ。

また「現在、淡路島の宿泊客数は年間で130万人。兵庫県下でも有数の観光地であり、関西の近郊温泉地としてもご利用いただけるよう成長した」と述べ「洲本港と関西国際空港を結ぶ航路の復活で、首都圏やインバウンドからの誘客を図りたい」と話した。

来賓として出席した洲本市の竹内通弘市長は「ザ・サンプラザは淡路島を代表するホテルに成長し、地元にはなくてはならない存在だ。今後のさらなる発展を期待している」とエールを送った。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ