楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オリックス初の新築旅館「はなをり」、箱根に開業/神奈川

17/09/19

オリックス不動産は8月1日、神奈川県箱根町の芦ノ湖畔にグループ初の新築旅館「箱根・芦ノ湖はなをり」をオープンさせた。

芦ノ湖の玄関口の1つ、桃源台から徒歩2分、芦ノ湖を望む好立地の約2万平方メートルの敷地に、建物は地上3階建て、延べ床面積は約1万平方メートル。客室は和洋室を中心に6タイプ154室、うち8割がテラス付き、3割が露天風呂付き。

温泉は姥子温泉から引湯し、大浴場にはグループ旅館の特徴ともなっている、段差を付け浴槽を並べる「棚湯」を設けることで個性化を図り、芦ノ湖を望むロビーラウンジ前の屋外スペース「水盤テラス」は、SNS時代を意識したフォトジェニックなデザインも印象的だ。

芦ノ湖はなをり

フォトジェニックな水盤テラス

内覧会で同社宿泊事業本部の橘正本部長は「2002年に別府杉乃井ホテルを取得し旅館事業を開始以来、いつかは箱根へ出店したいという思いがあった。大浴場と和食を中心にしたブッフェを楽しみに来館していただきたい。末永く地元に愛される旅館にしたい」とあいさつした。

同社ではこれまで、再生物件を中心に全国で旅館8施設を取得・運営してきた。今後、新築旅館については「はなをり」ブランドで展開していく。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ