楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

カハラブランドホテル、横浜に20年開業 リゾートトラスト

17/11/01

会員制リゾートホテル、エクシブなどを国内で展開するリゾートトラスト(名古屋市中区)は10月16日、東京・日本橋で新規事業説明会を開き、2020年に横浜市・みなとみらいにラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&スパリゾート横浜」を開業すると発表した。

説明会で伊藤勝康社長は「会員制ホテルビジネスの強みである圧倒的なハードとクオリティの高い料理、お客様に育てられたハイクオリティのサービスとカラハブランドの融合で、新たなラグジュアリーホテルを創造したい」と話し、カハラブランドでアジアを手始めにした海外進出の構想も明らかにした。

同社ではホテル事業の世界展開を視野に、14年にハワイ・オアフ島のザ・カハラ・ホテル&リゾートを取得し、ラグジュアリーホテル運営のノウハウを蓄積してきた。

横浜に建設するホテルは敷地面積9500平方メートル、延床面積4万8000平方メートルの14階建て。カハラ146室に加え、同社のハイエンドブランドで会員制のリゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&リゾート」(138室)を併設する。いずれも客室面積は50平方メートル以上で、室料10万円程度からを予定している。付帯施設としては、複数のレストランにスパ、インドアプールなどを備える予定。総事業費は458億円。

ザ・カハラ・ホテル&スパリゾート横浜

「ザ・カハラ・ホテル&スパリゾート横浜」の
ロビー(イメージ)

カハラブランドでは沖縄など国内に加えて、バリ、プーケット、シンガポールなど海外展開を目指す。

伊藤社長は「横浜開業以降は、10年で5カ所程度、その後は年1棟程度のペースで展開したい。日本のホテルを世界に示したい」と意欲を語った。

この記事をシェアする
購読申し込み
注目記事
新しい色合いへのいざない18年タイ観光特集

タイ第2の都市、チェンマイで1月24―27日、ATFが開催された。「アメイジング・タイランド」...

地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

京都大阪信州伊豆へ春花紀行

野山に花々が色をつけると春の観光シーズンの開幕だ。艶やかな色合いは春らしい躍動感を伝え、旅人の...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ