楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「カリスマレベル」の接客 日本の宿おもてなし検定上級合格者が観光庁長官を表敬訪問

18/01/17

旅館ホテルの接客サービスの標準化とレベルの向上を目的に2009年から始まった「日本の宿おもてなし検定」。2017年の上級合格者6人がこのほど、観光庁の田村明比古長官を表敬訪問した。

17年の合格者は男性1人と女性5人。2回目の挑戦で合格した人もいて、田村長官との面談では「試験を通じて、もてなしに対する自分の心構えが再確認できた」「旅館のなかでの自分の立場を整理できた」といった声が聞かれた。

30分程度の懇談の最後に田村長官は「ビジネスの上に、おもてなしが乗っているのが日本の強みです。みなさんの活躍に期待しています」と呼びかけていた。

日本の宿おもてなし検定上級合格者

田村長官(前列左から2人目)と
上級合格者、宿泊団体トップの皆さん

同検定はJTB協定ホテル旅館連盟の発案で、全国旅館ホテル生活衛生同業組合、日本旅館協会、日本旅館国際女将会などをメンバーとする「日本の宿おもてなし検定委員会」(小口潔子委員長=福島県磐梯熱海温泉・四季彩一力)により運営されている。事務局はJTB総合研究所。

検定は「接遇によるおもてなしのレベル」を初級、中級、中級実技、上級の4段階に設定し、試験や実技、作文や面接などで、各クラスの合格者を認定している。

これまでの合格者は、初級1万6841人、中級4285人。「お客様に感動していただけるカリスマレベル」と厳しい基準を設けた上級は昨年から試験が始まり、17年の合格者を合わせて11人と狭き門となっている。

今年の上級試験合格者で、観光庁を訪れたのは次の各氏。

池田真知子さん(山形県・一久若女将)▽飯星崇さん(群馬県・ホテル木暮接客サービス部門のマネジメント・教育担当)▽田村早代さん(群馬県・田村旅館女将)▽森歩美さん(静岡県・堂ヶ島ニュー銀水顧客管理担当)▽矢島佳代子さん(長野県・池の平ホテル&リゾーツ女将)▽小林孝子さん(長野県・よろづや旅館客室係)。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ