楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

神戸から飛行機で来て 茨城空港周辺地域

17/10/02

茨城県・茨城空港周辺の小美玉市、石岡市、笠間市、行方市、茨城町の皆さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、神戸空港からの直行便を利用した来訪を呼びかけた。

小美玉市商工観光課の中村理佳さんと中島太宜さんは、希望ヶ丘公園のコスモスを秋の見どころとしてPR。6.3ヘクタールという広大な敷地にコスモスが10月中ごろまで咲く。撮影スポット、花の摘み取りも人気。春は菜の花が一面に咲き、桜との競演が好評だという。中村さんは「酪農が盛んなまちで『おみたまヨーグルト』が有名です。空のえき『そらら』で生産している様子が見学できます」。

石岡市観光課の今上真梨子さんの一押しは、1年を通じてフルーツ狩りを体験できること。観光農園が市内に点在し、季節に応じた果物が収穫できる。「花も1年を通して茨城県フラワーパークで楽しめます。冬はイルミネーションを実施します」と今上さん。

笠間市商工観光課の星達さんは、10月21日―11月26日に開催する「笠間稲荷の菊まつり」と12月17日の「悪態まつり」を紹介。菊まつりは今年で110回目を迎え、大学生とコラボしたユニークな菊の展示などを予定している。星さんは「悪態まつりは、天狗に向かって『ばかやろー』などとののしる奇祭です。一度体験してみてください」。

行方市商工観光課の松信正弘さんと兼平佳奈さんは、秋から冬にかけて霞ヶ浦で運航される「帆引き船」を紹介した。「伝統漁法を随伴船から見学できるほか、絶好の被写体として写真撮影も人気です」と松信さん。兼平さんは「関西でも人気の『らぽっぽ』が運営するファーマーズヴィレッジも一昨年オープン以来人気を集めています」。

茨城町商工観光課の齋藤優太さんと白石聡子さんは、汽水湖の涸沼(ひぬま)をアピール。「ラムサール条約に登録され、オオワシも飛来します」とは齋藤さん。「湖畔の親沢公園から見る夕陽が絶景です」と白石さん。

茨城県大阪事務所の佐藤恵美子さんは「神戸―茨城間は1日2往復しています。わずか1時間15分です。茨城からの乗客は多いのですが、関西のお客様にはまだまだ浸透していないようです。茨城空港から北関東を周遊していただきたいですね」と話した。

茨城空港周辺地域の皆さん

茨城空港周辺地域の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ