楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

教育旅行のメッカ、陰らぬ存在感 広島県

18/08/03

広島県観光連盟の奥野弘展さんと若林宏さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、西日本豪雨に伴う県内観光の状況(トラベルニュースat7月25日号暑中号13面参照)とともに、関西圏からの誘致に力を入れる教育旅行について説明した。

広島県の教育旅行は平和学習がメーンだが、近年は農山漁村体験も増え始めている。奥野さんは「京阪神から近く、体験時間がたっぷり取れるのが広島の体験旅行の特徴です。コンテンツとして手応えを得ています」と話す。

また、平和学習についてもシンボルの原爆ドームや平和記念公園に加えて、呉市の大和ミュージアムやてつのくじら館、福山市のホロコースト記念館などもあり「多様な施設があり、平和を学ぶ機会を提供します」と若林さん。

奥野さんは「ご心配をお掛けしご支援もいただいているところですが、広島市の平和記念公園には貸切バスも目にするようになりました。修学旅行の受け入れは心配ないと考えています。宮島も何ら変わりないので、この機会に弥山登山はいかがでしょうか」と話していた。

広島県観光連盟の皆さん

広島県観光連盟の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ