楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

京都の首長の矜持

17/10/25

旅行業団体の新年会や総会、商談会で地元の知事や市長が出席することは、まずない。ほとんどが代理出席で、あらかじめ用意されたあいさつ文を代読するというパターンだ。

しかし京都の場合、公務での出張以外、山田啓二知事、門川大作市長が出席し、自らの口で思いを語る。いつもタイムリーな内容なので、興味深く聞かせてもらっている。

先日の会合で山田知事は民泊について「民泊といえば聞こえはいいが、要は闇宿泊であり闇ドラッグと同じだ」とし「今どのように取り組むかによって旅行業が安心、安全に伸びていけるかどうかが決まる。正々堂々と仕事ができる環境づくりを図りたい」と言い切った。

門川市長も「市長になって10年になる。これまで景観や観光振興施策に取り組み、多くの外国人観光客が訪れる京都にはなったが、税収はピークから150億円も減収になっている」と税収を上げるむずかしさを語り、民泊に対しても「これから政令や条例の取り決めに入るので、今が正念場」と強調。国が中途半端に登録認可を下ろせば、国に責任をとってもらう条例を作りたいと、小気味いい。

現場を知り、自らの言葉で語る首長の存在いかんで地域の観光は大きく変わる。各地の首長に頑張ってもらいたい。

(トラベルニュースat 17年10月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ