楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館の人手不足問題

17/11/10

全旅連青年部(西村総一郎部長)が旅館ホテル専門の求人転職サイト「旅館・ホテルでおしごとネット」を開設したことからも、宿泊産業の人手不足の深刻さがうかがえる。

幸い求人転職サイトは、開設から1カ月半で140件の申し込みがあり滑り出しは順調のようだ。逆に言えば、旅館ホテルの団体が独自にサイトを設け、宿泊産業で働く魅力やメリットを紹介し人材を募らなければならないほど、人手不足が問題になっているということだ。

旅館ホテルで働くというと土日曜日に休みが取れない、給与体系がよくない、仕事がきついなど労働環境の悪さばかりが指摘されるが、旅館自らが働くメリットをアピールするということはいいことだ。

その一方、一般財団法人教育文化国際交流財団(本部・京都市)は、海外の大学生が日本の旅館ホテルでの修業体験を通して日本の〝おもてなし〟を学び、日本での就労につなげるインターンシップの導入を勧めている。西日本を中心に旅館で働く海外の大学生は増えている。外国人社員を30人雇用する大型旅館から「しっかりと働くので、日本人社員の刺激になっています」という声もあり、今後、旅館社員の国際化が進み、旅館で働く魅力が社員の口から国内外に広がり、人手不足の解消につながることを望みたい。

(トラベルニュースat 17年11月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ