楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

送客こそ復興支援

18/07/25

西日本豪雨で被災された方々、風評被害で観光客が激減している観光地や温泉地に心からお見舞い申しあげたい。また1日でも早い復興をお祈りし、本紙でもできることがあれば積極的に取り組み、復興支援のお役に立ちたいと思う。

今回の豪雨被害や現状については今号第2部の初面でお伝えしている。内容が若干重複するところもあるが、本欄で改めて強調したいのは被災地の復興支援に、旅行会社が奮起してほしいということだ。

「お客様が中四国方面に行きたいと言わない」「もし何か事故に巻きこまれたら?」などなど、送客できない理由はいくらでも作れる。

そうではなく今、旅行会社としてできる一番の支援とは、送れない理由を並べるのではなく、どうすれば中四国へ安全に送客できるかを考え、実際に1人でもお客を送ることではないだろうか。

2007年にあった能登半島地震の際、インターネット経由の予約はすべてキャンセルされ、どうしたものかと頭を抱えていた旅館に「お客を送るから、頑張ってほしい」と真っ先に電話をかけたのが中小旅行会社だった。その支援に、どれだけ励まされ助けられたことか、と聞いたことを思い出す。

今また、リアルな旅行会社の心意気をみたい。

(トラベルニュースat 18年7月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ