ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 本紙から > 1面記事 > コト消費を促す(2) 「殺陣道」体験やショーが人気

コト消費を促す(2) 「殺陣道」体験やショーが人気

大阪市中央区の雑居ビルに外国人グループが押し寄せている。一般社団法人日本殺陣道協会(八木哲夫会長)が実施している殺陣道体験がお目当てだ。

日本ならではの体験に外国人客が注目

参加者は着物に着替え、刀の扱い方や立ち回りを学び、つばぜり合い、抜き胴など音響入りの殺陣体験までを行う。セリフ入りのショー仕立てで、その模様を八木会長自ら撮影し参加者にプレゼントする。5年ほど前から始め2014年に年間1千人を突破するなど、体験者が続々増加。トリップアドバイザーなど口コミ効果もあって、日本ならではの体験として定番化しつつある。

参加費は1組4人までで2万1600円。殺陣体験の合間に日本人スタッフとの交流も人気の秘密だという。八木会長は「出前のショー出演依頼なども増えて、断らなければいけないケースもあります。『もののふ塾』をスタートさせ、人材育成や地方への進出を考えています」という。

日本殺陣道協会
殺陣道体験を楽しむ
外国人観光客

JTB西日本は1月30日―2月4日の春節の期間に、外国人向けエンターテインメント「レビュー・ジャパン~ゲイシャ&サムライ」を今年初めて開催。大坂の陣をモチーフにした殺陣、日本舞踊のショーをOSK日本歌劇団と共同で開発、実施した。

会場は大阪市のあべのハルカス内で、英語の字幕をつけたほか、中国語に堪能な役者が場を盛り上げた。1時間ほどのショーで入場料5千円と安くはないものの、6日間の稼働率は8割超。来場者の満足度も高かったという。同社広報室では「夜の観光が乏しいと指摘されていた中で手応えを得ました。常設を目指したい」と話す。

レビュージャパン
JTB西日本が実施した
殺陣と日本舞踊のショー

いずれもコトの提案で誘客につなげた。

(トラベルニュースat 17年2月25日号)

コト消費を促す(3) 事業者が連携、「面」で活性化に続く

1 | 2 | 3

(17/03/09)

1面記事 新着記事

    本紙から アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本