ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > 本紙から > 1面記事 > 地元密着に回帰 KNT―CTが事業構造改革(2) 丸山顧問が新社長に

地元密着に回帰 KNT―CTが事業構造改革(2) 丸山顧問が新社長に

事業構造改革は4月27日の取締役会で決議したもので、経営体制も刷新。戸川和良社長が相談役に就き、KNT―CTホールディングスの新社長に丸山隆司顧問を充てる異動も内定した。丸山氏は、近鉄グループで志摩スペイン村社長や常務取締役ホテル事業本部長などを歴任。4月まできんえい社長を務めていた。6月20日の株主総会と取締役を経て正式に就任する。

「集中と分散」が基本方針

丸山体制で推進する改革は「集中と分散」を基本方針とし(1)グループ横断的な事業戦略の策定機能および事業推進機能の強化(2)地域密着による意思決定の迅速化、機動力の発揮(3)訪日旅行事業、インターネット販売事業など成長マーケットへの専門特化―の3つを基本戦略として掲げる。

集中に基づく再編としては、事業統括部門をKNT―CTに集約。地域旅行会社を含めた最前線の営業情報、マーケット情報と組み合わせることで横断的な事業戦略を策定し、事業を推進できる機能を強化する。後方業務の効率化や仕入れ面でのスケールメリットの拡大なども図る。

分散については、多様化・複雑化する旅行ニーズを地域ごとに接点を設けることで、地域発型の旅行事業を深化する。同時に、全国各地の自治体が進めている地域誘客への取り組みを強化し「地域誘客センター」を設置、着型の旅行需要獲得につなげる。

すでに北海道と東北、中国四国、九州では分社化しているが、今後は▽近畿日本ツーリスト首都圏=東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県および静岡県の一部▽近畿日本ツーリスト関東=茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県▽近畿日本ツーリスト中部=愛知県、三重県、岐阜県、福井県、石川県、富山県および静岡県の一部▽近畿日本ツーリスト関西=大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県における旅行事業に取り組む4社を新設する。

(トラベルニュースat 17年5月10日号)

地元密着に回帰 KNT―CTが事業構造改革(3) 中部、関西、訪日は6月設立に続く

1 | 2 | 3

(17/05/19)

1面記事 新着記事

    本紙から アーカイブ
    がんばろう!日本
    がんばろう!日本