楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊対応、地方へ波及 全旅連、各県理事長集め研修会(2) 条例制定への活動呼びかけ

「ハンドブック」で意識の共有図る

また、桑田雅之・前全旅連青年部長が、全旅連がまとめた「民泊新法行動ハンドブック」を示しながら、活動の趣旨や具体的な行動の内容とスケジュールについて説明した。

ハンドブックでは▽活動の目的とテーマ▽条例制定までの日程を踏まえた活動スケジュール▽具体的なアクション―などを示している。このうち活動の目的とテーマついては、業界の利害ではなく、地域住民の安全安心を守るための運動だと明確に示し、そのための具体的は要望として(1)住居専用地域からの民泊施設の除外(2)地域住民の生活環境の維持保全のための年間営業日数のできる限りの短縮(3)悪質な民泊事業者を排除するため、届出番号の開示と、仲介事業者が開示しない施設のウェブサイトからの削除―の実現を求めていく。

全旅連

4都道府県の理事長が参加した
合同研修会

桑田前青年部長は「条例に関しては都道府県の12月議会に向けて今から動いてほしい。市町村議会から県に対して条例への注文をあげてもらうことも有効な手段」などと、各地方での陳情活動や署名活動、メディアへの広報活動の推進を要請した。

(トラベルニュースat 17年9月10日号)

(前の記事)民泊対応、地方へ波及 全旅連、各県理事長集め研修会(1) 観光庁が新法概要を説明

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ