楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

健全な民泊普及へ一手(3) 各地で条例制定の動き拡大

東京特別区や兵庫県 住専地域や平日の営業禁止

6月の民泊新法施行を前に、東京の半数以上の特別区をはじめ、各地で条例制定の動きも広がっている。

観光庁によると、都道府県を含め条例制定が認められた150の自治体のうち、独自の条例を制定または準備しているのは50ほどの自治体。一方で、独自の条例をつくる意向のない自治体が30程度ある。

このうち、すでに条例を制定している東京都大田区では住居専用地域(住専地域)での営業を年間を通して禁止としたほか、新宿区でも平日の営業を禁止した。

また、兵庫県は住専地域での営業を通年で禁止する条例、東京都台東区は家主不在型の平日の営業を全域平日の営業を禁止する条例を準備している。

このほか、住専地域や小中学校周辺での平日の営業禁止を盛り込んだ条例を準備している自治体が多い。

(トラベルニュースat 18年3月10日号)

(前の記事)健全な民泊普及へ一手(2) 事前相談や研修会など都独自の規定

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ