楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バスツアーの新しい波 増える“クルーズバス”(1) クラツー「碧号」-関西市場投入へ自信あり

豪華列車、クルーズに代表される高級志向の旅の潮流は、バスツアーにも及んでいる。座席数を減らしてファーストクラス並みの寛いだ車内空間と広々とした化粧室を備えたバス、バーカウンターが備わり車内で地酒を味わえるバスなど豪華バスが相次いで登場している。軽井沢のスキーバス事故などの影響で「安かろう、悪かろう」といった負のイメージを刷新、バスツアーの新しい波を起こす。

満を持して関西市場へ 快適性高め“高級”な旅に

クラブツーリズム(本社・東京都新宿区)は4月1日、ロイヤルクルーザー四季の華「碧号」2台を関西市場に導入。豪華バスは首都圏で先行して運行していたが「本音の関西市場にも応えられるようさらに改良した」という担当者肝いりの最新型だ。

碧号

クラツー「碧号」外観

座席数は17席に絞り、シートピッチは130センチと気兼ねなくリクライニングができるほか、シートは本革張り。車窓からの風景も旅の醍醐味として、荷物棚を取り外し大きな窓を確保した。内装に木材を多用し温かみを演出しているのも特徴。また、長距離移動が伴うバスツアーで欠かせない車内トイレは、独立した化粧台が備わる豪華な仕立て。ひざ掛け、スリッパなど備品、3点式シートベルトなど安全性にもこだわった。

碧号

本革張りシートでリクライニングも快適

碧号のツアーは日帰りで2―3万円、1泊で7―15万円など、ツアーによっては従来の2倍以上もする価格設定だが、多くが販売直後に定員に達する人気ぶり。クラツーが有する関西市場約60万人の会員の中でも、平均を5歳ほど上回る70―75歳のゆとりある世代が申し込みの中心帯だという。

中村朋広テーマ旅行部長は「バス旅行の安全性への不信感を払しょくし、碧号でバス旅行を盛り上げたい」。

(トラベルニュースat 18年4月10日号)

(次の記事)バスツアーの新しい波 増える“クルーズバス”(2) 神姫「ゆいプリマ」-大人に「学ぶ旅」提案

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ