楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バスツアーの新しい波 増える“クルーズバス”(2) 神姫「ゆいプリマ」-大人に「学ぶ旅」提案

バス会社が放つ「バス旅」 “水戸岡デザイン”で旅を演出

神姫バス(本社・兵庫県姫路市)は、JR九州の豪華列車「ななつ星in九州」など様々な観光列車のデザインで知られる水戸岡鋭治さんがデザインした特別仕様バス「ゆいプリマ」を使った新ツアーブランド「旅学人(たびがくと)」を立ち上げた。

ゆいプリマは全18席。大パノラマの広い窓のほか内装には天然木を使い、純日本製の良質ななめし皮の本格シートなどラグジュアリーに仕上げた。特に車内後方にバーカウンターを設け、旅先での地酒やワインを楽しめるようにするなど、大人の雰囲気を演出する。

ゆいプリマ

神姫バス「ゆいプリマ」には
バーカウンターを設置

ツアーは「旅は、通と行こう。」をテーマに、歴史や伝統、食文化など「旅を通して学ぶ」バス旅を提案。中国地方の「平家物語」のクライマックスの舞台をたどる旅(26万円から)などを設定している。

大阪市内で行われたツアー発表会で水戸岡さんは「道さえあれば日本中の美しい場所に行ける。バスはそれを可能にしてくれるので、バス旅の可能性はまだまだある」と話していた。

このほか、富裕層に特化したJTBロイヤルロード銀座が、わずか10席の大型バスで全員窓側を確約する「ロイヤルロード・プレミアム」など豪華バスを用いた高額バスツアーを実施、人気を集めている。

(トラベルニュースat 18年4月10日号)

(前の記事)バスツアーの新しい波 増える“クルーズバス”(1) クラツー「碧号」-関西市場投入へ自信あり

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ